本文へスキップ

葬儀をする前に相続の問題は大丈夫か確認

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

葬儀をする前に相続の問題は大丈夫か確認

病死にしても事故死にしても、親などの近親者が他界するのは誰にとってもつらい出来事です。大往生などと言われるような年齢を迎えていたとしても、やはり親がいなくなることには大きな寂しさを抱く人が圧倒的に多いものです。そのため、このような状況を迎えてしまうとひたすら悲しむばかりですが、人が亡くなるということはやはり大きな物事なので、その結果、残された遺族には使命が課せられることとなります。中でも自分の両親のどちらかが亡くなった場合などには、遺産相続という行為が待っています。

これは相続税も影響するなど、自分たちだけの話ではなく、国民としての義務を果たす行為でもあるため、とても重要な問題です。もちろん、ひとり息子やひとり娘などで遺産はすべて自分が相続するというシンプルな形であれば話は簡単ですが、兄弟が多い場合などには相続の権利を有する人間全員できちんと話し合う必要があり、その話し合いの結果によってはなかなか話がまとまらず、揉めてしまう可能性もあります。相続税を払うことにはなりますが、同時に財産も手に入れることができるため、遺産の金額にもよりますが、たとえ兄弟といえども揉める可能性があるのです。

そのため、親が亡くなったあとにはこのような日々も待ち構えているという覚悟をもっておきたいものです。特に兄弟が多く、それぞれがすでに家族を持っているような場合には兄弟だけではなくそれぞれの家族も交えた話し合いとなってきて、余計にもめる可能性もあります。また、もうひとつ重要な行為がありますが、それは葬儀です。親御さんが亡くなったとなれば当然ながら故人が生前にお世話になった方々にお礼をし、尚且つ故人との最後のお別れをしてもらうために儀式として行います。

無論、今は家族葬などという形で親族のみで行なう葬儀も登場しており、その形こそ様々ですが、やはり必ず葬儀をするということになります。そのため、親が亡くなったあとには葬儀の準備も待ち構えていることを覚えておきたいものです。そして、この葬儀の準備と遺産相続の問題は、親が他界すると同時に舞い込んでくることになるので、どちらを優先すべきか、それぞれどのように話し合っていくべきかなどのノウハウを身に着けておいた方が良いです。家族が亡くなった後は手続きなど、しなければいけないことがたくさんあります。いざその瞬間を迎えてから慌ててしまうといけないので、今のうちに知識だけでももっておきましょう。

information新着情報

2018年12月14日
ホームページを更新しました。